公園で子供を一人で遊ばせる方法!サッカーも上手くなるグッズ紹介!

僕も時々、公園に行くのですが、お母さんと幼稚園~小学校低学年の子供が一緒に遊んでいる風景を見かけます。

お母さんも常に動きっぱなしでクタクタの様子…

でも子供は一人では遊んでくれない状況。

そんな時に子供が一人でも遊んでくれるグッズを紹介します。

Kaiser(カイザー) サッカー トレーナー

そのグッズは、

Kaiser(カイザー) サッカー トレーナー

サッカーの自主練用という名目で売られているグッズです。

正直、大人のサッカー練習用としてはゴムが短いですし、耐久性も心配になります。

しかし子供が遊ぶには十分なグッズ。

実際にボールを蹴っている動画をご覧ください。

なんだか楽しそうですよね(笑)

仕組みとしては、まずボールをマジックテープのついたグッズで包み込みます。

それを腰に巻くバンドと繋げば出来上がり。

ボールを蹴ると、自分の体が支えとなり、ボールが戻ってくる仕組みです。

説明書とは違う使い方

動画もそうですし、説明書でも腰に巻いて蹴っていますが、僕のオススメは、

低い場所に支点を作る

こと。

要するに自分の腰ではなく、他の物を支えにします。

何故かというと、腰に巻いて使うと、支点が高くなり、この動画の少年のように頻繁に足にゴム紐が絡まってきます。

なので、何か重い物、フェンス、公園器具などに固定して蹴ってみると、ゴム紐の絡まりが少なくなります。

注意事項

サッカーボールは付属していないので、買う必要があります。

中学生以上は5号球、小学生までは4号球を使用。

幼稚園までのお子さんなら4号球でも少し重いと思うので、サッカーボールの代わりにゴムボールを使用してもOKです。

サッカーが上手くなる

常にボールを蹴れることで、パスやシュートの精度も上がりますし、リフティング練習もできます。

大きめの家だったら自宅でも使用できます。

最近はサッカーを禁止している公園もありますよね…

ネッキー
ネッキー

嫌な時代になったね。子供が外で遊ばなくなったのは大人のせいでもあると思う。

でもフェンスを越えて周りの家に迷惑がかからなければ良いので、このグッズならボールを蹴っていても何も言われません。

是非、自分の為、そしてお子さんの為にも使ってみてください(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました