DiDiフード配達員とは?対応エリアと登録方法をシンプル解説します

Uber Eats配達員登録
まだウーバーイーツ配達員に登録していない方はこちらから登録できます!

Uber Eats、出前館、menu、woltなど、フードデリバリー業界は群雄割拠の時代を迎えています。

その中でDiDiフードが急速にシェアを伸ばしてきて注目の的に!

全国的な知名度はまだ無いので、知らない方も多いと思いますが、DiDiフードとはどんなもんか?をシンプルに解説します。

DiDiフードとは?

DiDiフードとは、中国大手配車サービス「滴滴出行(DiDi Chuxing)」と、ソフトバンクの合弁会社「DiDiモビリティジャパン」が運営する料理配達サービス。

僕はこの企業を知らなかったのですが、2030年までに100万台のロボタクシーの導入を計画していたり、時代の最先端に挑戦している企業なんだなという感じがしました。

滴滴出行(DiDi)とはどんな企業? まだ試験の「ロボタクシー」に注目集中のワケ
日本でもタクシー配車やフードデリバリーのサービスを提供するDiDi(ディディ)の運営企業「滴滴出行(ディディチューシン)」が上海市で自動運転タクシー(ロボタクシー)の試験営業を始め、注目を集めている。中国ではすでに試験ではなく本格的にロボタクシーを導入している企業もあるため、同社はそれらの企業を“後追い”している形だが...

中国のビッグマネーが後ろ盾なので、これからの成長に、めちゃくちゃ期待できますよね!

対応エリアは?

まだ発展途上中ということで全国展開はできていません。

2021年3月11日現在の対応エリアは、

【大阪府】
・大阪市全域
・堺市、東大阪市、豊中市、守口市、八尾市、吹田市、摂津市、松原氏、門真市、寝屋川市、茨木市

【福岡県】
・福岡市、春日市、大野城市、那珂川市、太宰府市、古賀市

【兵庫県】
・神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市

【広島市】
・広島市、東広島市、廿日市市、安芸郡府中町

※確実なエリア情報は配達員登録後にご確認ください。

ただし2021年中には様々な都道府県でサービスを開始するのではないか?という情報もあり、Uber Eats配達員の方々などフードデリバリーサービス配達員の方々は注目しています。

配達員登録方法は?

【登録からデビューまで】
①WEBで登録
②オンライン研修を受ける
③配達バッグを受け取る
④配達員デビュー

おおまかに言うと、こんな感じ。

Uber Eats等と変わりません。

DiDi Foodで自分らしく働こう|DiDi Food
DiDi Foodは、スピーディーかつ安全に料理を届けるフードデリバリーアプリです。配達員としてDiDi Foodに登録すれば、スキマ時間で、自由に自分らしく働くことができます。さあ、今すぐ始めてみよう!

最初に電話番号を入力し、SMSで認証コードを受け取ります。

そこから、

・メールアドレス
・パスワード設定
・配達都市、手段選択
・プロフィール写真アップ
・身分証画像アップ

こちらで登録は完了。
審査結果は1~5日ほどで来ます。

Uber Eatsとの違い

基本的にUber Eatsと同じく、

アプリで注文を受け、お店で料理を受け取り、注文者に届ける

という流れです。

違う点は、

▼お店まで向かう際の報酬も発生する
▼インセンティブが高い
▼事故補償に定評
▼現金での対応が必須
▼配達バッグは基本的に自由だが、DiDi配達バッグ以外だと補償は無し

報酬に関しては、これから急展開していくDiDi等で常に変動はありそうです。

配達員登録時の最新情報をご確認ください。

自分に一番合うところを選ぶ

最初にも書きましたが、今のフードデリバリーサービスは群雄割拠状態。

どこのフードデリバリーサービスで仕事したら良いか悩む方も多いと思います。

そんな時はネットの情報を見比べるより、実際にやってみたほうが早いです。

是非、まだ他のフードデリバリーサービスを登録していない方は、お試しとして始めてみてください(^^)/

下記に配達員登録ページをまとめてみました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました